もっと自由に自分らしく。

昔友人と
「渡米しなかった自分の人生を想像できるか?」
という話をした時に、
想像できないと言う友人に対し
私は「流されて生きる自分」を
想像できたのだけど
渡米したことによって
自分の中で眠っていた本質が目覚め、
どれだけ自分を変わったのかを
ある本を見つけて改めて知った。

鏡リュウジ著、12星座の君へシリーズ

占い系、自己啓発系の本は
ほとんど読まないのだけれど
たまたま本屋で目について
ちょこっと立ち読みして見たら
響いてきたから買った本。

星は牡羊座に
ダイナマイトのような起爆力を授け、
孤独に耐える試練をも同時に与えた。



こんな私は、日本を出なかったら
出会わなかったと思う。

慎重な自分が時々戸惑うほどに
勢いで生きている部分があって
それを肯定してもらって勇気づけられた。

「本に書いてあるような自分にならなくてはいけない」

ではなくて、

「本を読んだら自分のことを書いてあった。」

言葉が響き、腑に落ちる。
意味をを左脳で理解する前に
右脳で納得している。
久しぶりにそんな感覚を思い出した。
瀕死。   
  

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント