強いという事。

「芯が強い」とよく言われるけど
ただ自分をよく知っていて
自分に結構厳しいだけだと思う。

家族にすごく守られて育ったけど
物理的に離れて独りになったから、
躓くたびに自分を知っていかないと
前へ進めなかったのかもしれない。

ぐちゃぐちゃに絡まった糸を
辛抱強く解いていく作業を
何年もしたらこうなったってだけ。

自分の弱さにも強さにも
素直になったってことなのかな。

あとはやっぱり座右の銘である
「なるようにしかならん」精神で
柔軟であることを意識してるかな。

人は誰でも変われると思う。
変わりたいという強い意志と
変わる事を受け入れる気があれば。
それは弱さを直視する事だから
すごく精神力使うけど。

焦点を自分の力量外から
力量内に移す事。

「芯が強い」っていうのは
「弱くない」ってわけじゃない。
それを理解しているかどうかって話なのかも。

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント