限界。

「限界」という言葉を口にすると
もう引き返せなくなる気がして
いつも躊躇していたんだけど
久しぶりに女友達の顔をSkypeで見た瞬間
挨拶早々、「私限界だ」ともらしていた。

「限界」といっても
仕事自体は充実しているし
それを投げ出すつもりはゼロ。
ただ、自分の中のブレが酷くて
それを抑える力が限界に近いのかなと。
無理をしているつもりはないけど
何か消化できてないものが
溜まってきてしまっている。

「ブレ」というのは
精神的な不安定感かな。
将来に対する漠然とした不安。
ずっと独りで頑張るのかなとか。
仕事のことはあまり心配していないけど
日本で受け入れてもらえるのかなとか。
あとは日本語を使うことが
かなり減ったことによるダメージ。

年末年始、両親と1週間過ごしたのだけど
何気ない日常の会話が尊いなと思った。
おはよう、おやすみ、いただきます、ありがとう。
お互いが存在しているから起きる会話。
家族という人間という同じ土俵での会話。
そういうものが自分の人生で
激しく欠けている。それに対する喪失感。

息苦しいというか、自分で自分を
勇気付けられることが減ったというか
抜け出せない感があるというか。

職場環境とかには満足しているから
無い物ねだりと言われたら
それまでなんだけれど、
この危機感のような感覚を放っておいたら
多分本当の意味で精神的に病むんだろうなと。
日本人が頑張りすぎて病むっていうのは
限界に気づいていない/無視してしまうか、
気づいていながらそれをどう対処していいか
分からなくて越えちゃうことなのかなと思ったり。

幸い、自分の場合、
少なくとも一時的な解決法は
一時帰国だとわかっている。

人に会いたい。

仕事の都合で1週間だけしか帰れないけど
やっぱり今年の夏に帰ろうかな。
アメリカに戻る時にホームシックで
また苦しむんだろうけど
今年の年末まで待てないや。

こうやって書いてみると
多少自分の考えがまとまって
落ち着いてきた。
まだ大丈夫かな。
(とか思っていると危なかったり。笑)

心配して欲しいわけじゃないんだよね。
でも、受け入れて欲しい。
分かるかな、この違い?

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント