隙。

友人からも親からも
「隙がない」と言われる。
正直、よく意味がわからない。

数週間前にも友人とそんな話になって、
やっぱり隙って何かよく分からないのだけど
自立していることと関係あるのかなと。

甘えればいいのか。
弱味を見せればいいのか。

そんなことをモヤモヤと考えていて
気がついたことがあるのだけど
海外での一人暮らしを10年も続ければ
自分の性格は把握仕切れているわけで
周りから見れば自立している方だというのは
自覚しているし、むしろそうせざるを得ない。

相談できる友人や親はいるけれど
最終的に自分を活かすのも殺すのも自分自身。
そういう人生をここ10年生きてきた。
怠けて地に堕ちるのは簡単だけど
そこから這い上がらなくてはいけないと
認識するのも、自分を奮い立たせるのも、
実際に這い上がるのも自分自身しかいない。
毎朝起こしにくる母親はいないし
家で待っていたら出てくる料理なんてない。
後悔も、寂しさも、悲しさも、嬉しさも、苦しさも
全部自分で消化しながら生きてきた。
強くなりたいと思っているからではなくて
そうしないと自分に食われてしまうから。
少し弱味を見せたら自分に負けてしまう。

諦めることの方が頑張るよりも、
言い訳することの方が受け入れるよりも、
ずっと、ずっと簡単だから。

それで隙が無いと言われたら戸惑ってしまう。

私だって鋼の心を持っているわけじゃないから
誰かに恋することだってあるわけだし
弱音を吐きたいし、甘えたいけれど、
受け入れてくれるかわから無い状態で
隙とやらを見せたらすぐに自分に負けるから。
一度負けたらもう独りで勝てるか分からない。
それが、怖い。

受け入れてもらえない感情なんて
名前すらつけずに押し殺していけば、
いつか楽になれるのだろうか。
それで、「隙がない」なんて言われたら
本末転倒なんだろうけど。



でも、一度溢れ出た想いを消すのは
辛いよな〜とBッキーの報道を見て思った。
不倫を肯定するわけではないけど。
試練だ。

sparkle。   
  

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント