白黒の優しさ。



心が折れるぐらい忙しいシフト後、
夜遅くに帰ろうとした時に見上げた木。
街灯に照らされて静かに佇むその木は
幾つもの花を咲かせていてとても綺麗だった。
思わず写真を撮るぐらいには
心に余裕を与えてくれた。