車窓から。



この電車はどこまで行くのだろう。
どこまで連れて行ってくれるのだろう。
イマを抜け出して。
過去、未来、それとも異次元?

電車の揺れに身を任せながらぼーっと外を眺め、
イマを忘れる錯覚に陥る。
現実逃避をしながらも
頭の片隅で安心しているのは
帰る場所を知っているから。

この電車に乗ってどこへ辿り着こうとも
全てを捨てる覚悟なんてないから
少し落ち着いたら来た道を引き返す。
イマに戻るために。
  
   Zen。

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント