still。

ふとした時に

出会った人たちを思い出す。

一緒に登下校したアナタ。

スクリーンの向こうのアナタ。

どんな形であれ

時間を共にした人たち。

元気にしているだろうか?

寂しくないだろうか?

幸せだろうか?

何か1つ、求めるなら

一緒に過ごしたあの時間を

もう一度。

何か1つ、願うなら

どうか大切な人に囲まれて

笑顔が溢れる毎日を。

何年経っても

未練がましく

思い続ける。

Comment

No title

以前は自分が満足することを基準に理想を追い求めていましたが、最近は、周囲の人たちが楽しそうに笑っていて、平穏が続く毎日を追い求めるようになったような気がします。

人間の時間は限られていますし、出会える人も限られているとは分かっていながらも、一期一会で終わってしまう多くの出会いと別れがいつまでも気になってしまうことがありますよね。先に進めばまた新しい出会いや別れが待っていると知りながらも、今日目の前にある日常が終わってしまったり変わってしまったりすることにどこか寂しさを覚える瞬間があり、なかなか難しいなあと思ったりもします。

2012.08.20(Mon) 16:42       mt さん   #-  URL       

mtさん

コメント有り難うございます。
詩っぽく書いた事を文章におこしてもらって
「そういう事が書きたかったの!」と思いながら
読ませてもらいました(笑)さすが、mtさん。

「今日目の前にある日常が終わってしまったり変わってしまったりすることにどこか寂しさを覚える瞬間」
この記事をあげたのは、まさにその寂しさに
襲われていたからです。
不変や永遠を求めてはいけないけれど
それでも終わって欲しくない事ってありますよね〜。

寂しいなぁ(苦笑)

> 以前は自分が満足することを基準に理想を追い求めていましたが、最近は、周囲の人たちが楽しそうに笑っていて、平穏が続く毎日を追い求めるようになったような気がします。
>
> 人間の時間は限られていますし、出会える人も限られているとは分かっていながらも、一期一会で終わってしまう多くの出会いと別れがいつまでも気になってしまうことがありますよね。先に進めばまた新しい出会いや別れが待っていると知りながらも、今日目の前にある日常が終わってしまったり変わってしまったりすることにどこか寂しさを覚える瞬間があり、なかなか難しいなあと思ったりもします。

2012.08.23(Thu) 07:08       彩 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント