忘れないように。

獣医大学にはいって最初の学期が終わりました。
獣医学生という生活に慣れるのに時間がかかりましたが
ヘタクソなりに頑張ったと思います。

でも反省点は多い。悔しい部分もあります。
終わった嬉しさや解放感はあるものの、
達成感って言うのは正直あまりありません。
この気持ちから目を反らさず、
時間をかけてでもモチベーションに変えて
次へ繋げられるよう頑張ります。

Facebookに書いた言葉を
これからの自分のために残しておこうと思います。



The fact that I don't have enough time
to fully understand and be prepared for exams is
more frustrating than the volume of materials I have to learn.

自分が学ばなくてはいけない情報量より
それを理解しきってテストに備えるだけの時間がないことに
何よりも苛立ちを感じる。



Do you wanna know the rest of your story?
Then never give up 'cause giving up is the end of it.

自分の物語の続きを知りたいか?
だったら諦めるな。
諦めた時に全てが終わるから。



Although my life is harsh on me now,
I've never regretted choosing this life.
Regret will come into play when I start to give up on myself.

今は辛い事が多いけど
この人生を選んだことを後悔したことはない。
後悔は自分自身に諦めを感じ始めた時に始まる。



Be proud of ourselves.
Did we even imagine ourselves looking at brain segments
and trying to figure out divisions of the brain even a few weeks ago?
People, who should pat our shoulders, are ourselves
because we are the ones who EXACTLY know
how much effort we have put into this craziness.

自分を誇りに思え。
脳の断面図を見ながらどの部位か当てる自分たちの姿を
数週間前まで誰が想像していただろうか?
この怒濤の日々を一所懸命過ごしていることを
十二分に分かっている私たちこそが
自分自身を褒める必要があると思う。

問う。   
  
   届け。

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント