the value of lives。

最近「命」というものに敏感になっているのだけど
今思えば、発端は暇つぶしになると思って買い、
日本にいる間に読み終えてしまった1冊の本にあると思う。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


特攻隊員であった祖父の軌跡をたどるため
孫である姉弟が、祖父と面識のあった元軍人たちを訪ねる話。
生きて帰りたいと強く望んでいた祖父が
何故特攻隊として死を迎えたのか。
元軍人たちの語りで段々祖父の人物像が浮かび上がってくる。

「生」を望んだ彼(祖父)を「臆病者」と人々は言う。
でも、例え軽蔑されても、国に命を捧げることを求められたあの時代で
自分の心を正直に語ることのできた彼が一番勇敢だったのではないか?

語りを通して感じる兵士として生きた人々の心理。
特に特攻隊が次々と飛び立っていった戦争終盤。
生き残るために全力で戦うのではなく、
死ににいくために戦う。
今の私たちには考えられない心境。
軍人である自分たちに誇りを持っていたとしても
本当に兵士達は愛国心という名の狂気に
捕われていたのだろうか?

そして、姉弟がたどり着いた真実とは。


正直、本のレビューを書くのは苦手。
だから、「どうか読んでみてください。」


戦争を体験したことがないし
身近に戦死者や負傷者がいない私には
あくまで想像の域を越えない戦争の話。
けれども、止めどなく涙が流れた。
生きたいと強く望みつつも死んでしまった人の無念。
戦後に、元軍人だからと蔑まれた人々の苦悩。
いつも「死」が近くにいたあの時代。
フィクションであるはずなのに
ノンフィクションのように現実感がある話だった。
百田尚樹氏の文章力に脱帽。

戦時中とは別の大変さがある今の世の中。
それでも、国に命を捧げろと命令されることはない。
生きたいと思うことが恥と言われることはない。
だから、与えられたこの命を大事にしたいと思うし
命あるが故に出会うことのできた大切な人たちの命まで
愛おしく思えてくる。

Comment

Re: the value of lives。

そこまで言うなら読んでみましょう(笑)
ということで、彩さんのページから飛んで買ってみました!

>戦後に、元軍人だからと蔑まれた人々の苦悩。
ここに一番興味を持ちました。


戦争が“良いか悪いか”“必要か不要か”について、判断はできませんが、この本を読んで戦争についてまた考えてみたいと思います。

私の母方の祖父がビルマに進軍する部隊に所属し、その部隊の隊員は10.5%しか生き残らなかったそうです(第54師団歩兵第111連隊という部隊)。祖父は亡くなってしまったのですが、祖父からは戦争の話を色々聞かせてもらいましたし、資料もいくつかもらいました。
こういった身近な人の経験談などを通して、戦争については自分の考えをしっかり持ちたいものです。(ちなみに祖父の資料をいつか整理をしなくてはと思いつつ放置しています(汗))

あ、最近本を買いあさっているので、いつ読むかは気分次第で決まることになりそうです☆

2010.07.31(Sat) 17:15       ぽん さん   #-  URL       

Re: the value of lives。

本を読むという習慣をつけていないため、
僕は全然本を読まないです・・・

読まなきゃいけないんですが><

読んでも小説とかではなく自己啓発本だったり参考書だったりと...

小説なども読んでみようかな・・・

2010.07.31(Sat) 22:22       コルト さん   #-  URL       

ぽんさん

> そこまで言うなら読んでみましょう(笑)
> ということで、彩さんのページから飛んで買ってみました!
>
> >戦後に、元軍人だからと蔑まれた人々の苦悩。
> ここに一番興味を持ちました。
>
>
> 戦争が“良いか悪いか”“必要か不要か”について、判断はできませんが、この本を読んで戦争についてまた考えてみたいと思います。
>
> 私の母方の祖父がビルマに進軍する部隊に所属し、その部隊の隊員は10.5%しか生き残らなかったそうです(第54師団歩兵第111連隊という部隊)。祖父は亡くなってしまったのですが、祖父からは戦争の話を色々聞かせてもらいましたし、資料もいくつかもらいました。
> こういった身近な人の経験談などを通して、戦争については自分の考えをしっかり持ちたいものです。(ちなみに祖父の資料をいつか整理をしなくてはと思いつつ放置しています(汗))
>
> あ、最近本を買いあさっているので、いつ読むかは気分次第で決まることになりそうです☆

ええ!購入されたんですか!
嬉しい~と思いつつ、気に入ってもらえるかちょっと心配。(笑)
私は結構感情移入してしまう人間なので
果たしてぽんさんも同じように感じるのかしら??
いつでもいいので、読み終わったら感想聞かせてください。^^
色付きの文字
ぽんさんのおじいさまはビルマへ行かれたのですね。
10.5%の生存率とは悲劇的に低いですね・・・。
なかなか直視できるような内容ではないのでしょうが
ぽんさんの仰る通り、そういう経験談をもとに
自分の考えを持つことは大事なのでしょうね。

第二次世界大戦では原爆の被害者ということで
加害者であった日本軍という事実が隠れていますが
それももっと理解する必要があると思います。

2010.08.01(Sun) 11:59       彩 さん   #-  URL       

コルトくん

> 本を読むという習慣をつけていないため、
> 僕は全然本を読まないです・・・
>
> 読まなきゃいけないんですが><
>
> 読んでも小説とかではなく自己啓発本だったり参考書だったりと...
>
> 小説なども読んでみようかな・・・

読書は日本語に触れられる少ない機会ですがら
必然的に本を読むことが多くなるんですよ。

私は自己啓発本というのは苦手なんですよね~。
読書を通して違う世界を感じたくて
小説を読みながらイメージを創るのが好きなので
他人の意見を読むのは楽しくなかったり。ww
たま~に良いと思うのに出会いますけどね。

表現力という意味では小説はいいですよ。^^

2010.08.01(Sun) 12:05       彩 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント