眼鏡の奥の瞳。

人は皆、見ためで他人を判断する。
初対面なら外見の第一印象で。
親しい人なら表情や仕草で。
それが無意識か意識的かはそれぞれ違うけど
誰かと話すときはどうしても外見が1番相手を象徴する部分になる。
でも、それは本当に相手の姿なのだろうか?

歪んだ眼鏡

多少ピンボケしてますが、私の眼鏡です。
何か違和感を感じたでしょうか?
実は鼻あてが歪んでいます。
8月に友人の牧場へ手伝いにいった時に朝寝ぼけてて、
砂利の上で滑って、丸太に顔面激突して曲がってしまいました。
奇跡的に鼻血も出ず、折れもしませんでした。(苦笑)

眼鏡をかけている私は、「優等生過ぎる」外見になってしまいます。
中学入って早々、生徒会の副会長に推薦されてしまうほどでした。
長女ならではの姐御肌っぽい性格も拍車をかけ、
「彩=優等生」の公式は中1後半ですでに出来あがり済み。

けれども、眼鏡をかけた優等生さんは、実は世渡り上手な似非優等生さんで、
その外見のしたには超おドジという性格が隠れています。
親しい友人や親曰く、天然ボケ要素もバッチリだそうです。

1年で割ったコップは4つ。(自慢することじゃないですね/汗)
最近のドジは豚ひき肉買うのをやめて鶏モモ肉を買ったのを忘れ、
料理直前(冷蔵庫を開けた直後)まで麻婆豆腐を作る気になっていました。
かます気がなくてかましたボケは数々。

ホント、人間の外見ほど当てにならないものはありません。(笑)

見えてますか?友人の本当の姿が。
聞こえていますか?家族の本当の声が。
見つめているだけではなくて手を差し伸べてみたら、
予想とは違うモノを手渡してくれるかもしれない。


---

そういえば、拍手数が200を越えました!
いつもありがとうございます。(^^)
これからもよろしくお願いします。
響く。   
  

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント