産声。

長い移動時間の中、暇を持て余しながら未来に想いを馳せる。本当の意味で帰るとき、私は隠れて泣くのだろう。人を思い、思い出を愛でて、泣くのだろう。積み重ねた歴史を過去にして、不透明で不確かな未来に怯え泣くのだろう。今まで乗り越えてきた道のりを知る者は無く孤独を感じて泣くのだろう。またゼロから。でも、私自身はゼロでは無い。その事実に気付けた時、泣き声は新しい章の産声になるのだろう。...

Read More