遠いあの頃。

忘れられた記憶に呼ばれて訪れたのは喧騒から離れたあの丘。懐かしいはずのその場所はなんとなくよそよそしく。昔見た大草原はいつから見えなくなってしまったのか。立ち止まって緑の匂いを吸い込む。仰いだ空の青さと一本の飛行機雲に目を細めて手を伸ばす。あの頃よりも大きくなった体なのにあの頃よりも天は遠く届かぬ手は空を切る。髪を乱す風を気持ち良いと思ったのはいつぶりか。風が運ぶ匂いに気がついたのはいつぶりか。飛...

Read More