the starry heavens。

光となってしまったその命を抱きしめる事を躊躇わないでください。泉のように沸き上がる思い出を無理に止めようとしないでください。日常にポッカリと空いた穴に戸惑う事を恐れないでください。愛していたから悲しくて愛しているから寂しくて会いたくて、会いたくて。心が涙を流したいのなら心が痛いと叫びたいのならどうか求めるままに。そして、抱きしめた光を少しずつ夜空の星に変えていく。手から離れて消えてしまうような感覚...

Read More