the value of lives。

最近「命」というものに敏感になっているのだけど今思えば、発端は暇つぶしになると思って買い、日本にいる間に読み終えてしまった1冊の本にあると思う。永遠の0 (講談社文庫)(2009/07/15)百田 尚樹商品詳細を見る特攻隊員であった祖父の軌跡をたどるため孫である姉弟が、祖父と面識のあった元軍人たちを訪ねる話。生きて帰りたいと強く望んでいた祖父が何故特攻隊として死を迎えたのか。元軍人たちの語りで段々祖父の人物像が浮...

Read More