毒と糧。

そろそろ卒業式の時期で。大学、獣医大学と8年間勉学に費やした生徒が期待と不安の入り混じった顔をしている。学生という殻に守られていたけどこれからは違う。決断を求められる立場になり責任も今まで以上に重い。紙に書かれた注意事項の様に先輩として色々言いたくなるけどそれは違う。人それぞれ。真っ新なキャンパスに自分で描きあげていけば良い。ただ一つ伝えたいことは何か。「失敗から学べ」かな。失敗しないことはないか...

Read More

wave。

何事にも、中の人には見え難く外から見れば明らかなズレがあり時に、そのズレを指摘することは中の者にとっては根本を揺るがすことで恐怖が壁を作り出すのだろう。水面に一滴の雫が垂れることで波が立つように平穏はあっさりと崩れる。変化がもたらすカオスを受け入れ波に乗ったモノが生き残っているのだろう。思想にしろ、生き物にしろ。歴史は繰り返すというのはそういう事も含まれていると思う。...

Read More

そういう人に。

誰かの為に良い子でいるわけじゃないけど地道な努力やさり気無い心遣いに気がついて欲しいと願ってしまうのは我儘なのか。だから、そう言う些細な優しさに見え辛い尽力に、気が付ける人間になりたい。...

Read More

equalty。

自分も完璧ではないけどなんで人間を人間として扱えない人がいるんだろうか。知らないが故の失言はあるだろうし越えられない性格の不一致だってあるし階級の違いだってあるけれど根本的なところで何故同じになれないのか凄く不思議。...

Read More

やっと書けた。

この異国で生活していて初めて本当の意味での精神的危機にいた。心療内科受診を検討するぐらいに。自殺願望は全くもって無かったけれど自炊も出来ないぐらい無気力だった。胃痙攣や胃炎の兆候があれば悪化して入院すれば職場から離れられると医者にも行かず放置していた。治っちゃったけど。何が原因、というよりは塵も積もれば、という感じ。でも、一番影響したのは後輩達と距離を置き始めたことかな。患者のケアを向上させようと...

Read More