factory。

生きるってなんだ。と書くと哲学的な疑問のようだけど生命的な、根本的な疑問だったりする。心臓が動いて、肺に空気が入って、血が巡って、栄養が行き渡って、脳が働いて、神経が刺激されて、筋肉が動いて、肝臓が毒素を分解して、腎臓が老廃物が排出する。工場のようだ。当たり前のことだけどとても複雑でデリケートで壊れれば呆気なく死ぬわけで。それは人間だろうが犬猫だろうが清々しいぐらい平等で。神秘的と思うことも多いけ...

Read More

歯車。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あ...

Read More

襟を正す。

先月は国試を受けに日本へ。今月は学会でイギリスへ。なんだか忙しく飛んでいる。去年ご縁があって知り合えたカナダの先生を密かに師匠と慕っているのだけど学会で1年ぶりに会えてすごく充電された。やっぱり尊敬している人と話せるのは自分を省みる良い機会になる。悶々と悩んでいる事を実際に言葉にすることでその正体が自分の中で明確になったり身動きが取れなくなっている思考を違う視点から指摘してもらうことで新しい扉を見...

Read More

弱さの隙間。

毎日、医療の一環として当たり前のように使う薬の多くがどれだけの危険性を秘めているかを忘れないようにするためにも定期的に薬物依存や中毒について調べるけどこの前「Beautiful Boy」という薬物依存症に陥った青年と父親の実話が元になった映画を飛行機の中で見た。日本では4月に公開らしい。この手の話は一見、遠い世界の話のように感じられるけど多分、思っているより身近な問題でそれは犯罪数とかそういう話よりも人間関係と...

Read More

手札。

生きてる。ブログの10周年記念もMisoのうちの子6周年記念も忘れたわけではなかったのだけど余裕がなくてスルーしていた。理由は日本の国家試験勉強。感染症多いし、公衆衛生多いし、専門用語は日本語だし、(全部英語で習ったから日本語知らない)5年前に卒業してから忘れた事を思い出さなくちゃいけないし、アメリカの試験とは出題傾向が違うから、色々な意味で勉強には苦労した。正直、受けた時は落ちたと思ったから、合格発表で...

Read More