想像つかない。

不覚にも当日の夜になって気がついたのだけどMisoが家族になって5年が経った。私が落ち込んでいようがどうしていようが全く空気を読まずに生きているこの子だけどそれに凄く救われていると、改めて感謝している。Misoのお陰で胃潰瘍は何度か免れたと思う。そして、これまた忘れていたのだけどこのブログを始めて9年経ちゃった。どひゃ!!って感じ。来年で10年か。始めた時はこんなに続くと思っていなかったしこんな自分に成るとは...

Read More

power of language。

縁あって、遠出をして人間の病院にお邪魔した。言葉で意思疎通できる事がどれだけ力のある事か目の当たりにした。何処がどう痛い。鎮痛剤の効果の有無。内容によっては局所麻酔と鎮静剤だけで手術ができてしまう現状。言葉を喋れない動物達に私は何をしてあげられるだろうか?深く考えさせられる経験だった。一週間だけの滞在だったけど人間を診る事のない獣医師に色々と丁寧に説明してくれる良い人達と出会うことができたしまたい...

Read More

華やかさとの距離。

暗闇の中佇んでいても遠目に見える夜景が孤独から守ってくれる。華やかさとの距離が静寂をくれる。どこに居るかはわかる人はわかるかも。...

Read More

戌は駆ける。

明けましておめでとうございます。囚われて抜け出せなかった昨年だけれど、そこで見つけたのは「等身大」の自分。しなやかで、芯があるけど、とても弱い私。今まで自分を偽って来たわけでは無いけれど頑張らないというより、頑張りきれない自分を久しぶりに見たと思う。何も放棄はしていないし特に喪失感も無いけれどそれでも何かを落としたような感覚は今まで身につけていた鎧が欠けて隙ができてしまったからなのか。人の為に頑張...

Read More

通過点。

感情の起伏が激しい1年だった。人に振り回された後半だった。いや、現在進行形だ。今年は日本で新年を迎え、友人と初詣に行き、祖父の病状に涙したものの清々しい始まりだったはず。なのに終わり方はなんなんだ。ここ1週間仕事場にも寄り付かず(off clinicだからいいのだけど)家に数日籠ってパジャマのまま勉強したり年末を楽しむという事を全くしてない。元旦はon call入れちゃったし。日本で年末年始を過ごせないことを思いっ...

Read More