worker。

「医師を労働者と呼ぶのに違和感が云々」という記事をチラッと見かけて、萎えた。労働者の定義を議論する以前に医師も獣医師も人間だ。精神的にも体力的にも限界というものある。命を扱う使命感や責任感を持っているから多少の長時間労働は受け入れているけど過労で病まないわけではない。研修医の時、多分優に過労死ラインである80時間の時間外労働をしている月もあった。そして給料は雀の涙。残業代なんて無し。全て踏まえた上で...

Read More

どうしようもない。

いつもの喫茶店で勉強していたら2時間ほど離れたところに住んでいる親友がたまたま同じ喫茶店で時間を潰していて久しぶりにちょこっとお喋り。子供も生まれてパパさんになったけどやっぱり変わらない関係が心地よい。お喋りしていたのは30分にも満たなかったけど自分がどれだけリラックスしていたかを感じて慢性的なストレスに悩まされていてもこう言う時間がもう少し頻繁にあれば自分は安定するのかもしれないなと思った。日本の...

Read More

着々と。

先週はほぼ毎日、複雑な循環器関係の麻酔管理をして、そのくせ睡眠時間短かったりしたから反動で金曜日は疲労困憊。帰宅途中に吐き気と軽い頭痛に悩まされた。脳みそ使ったぁぁぁぁって感じ。久しぶりに9時間寝たらスッキリ。でも、心臓病のせいで肺を通らない血流が多少あって麻酔下では低酸素症になりやすい患者が来ても怖く無い。考えてみたら、「ややこしい麻酔管理になるだろうな」と思うことはあっても「この麻酔管理怖い」...

Read More

気から。

春が来て月が変わって新年度になってルームメイトが引っ越して何か新しい始まりになってくれそうな風はそれとなく吹いているから後はそれに乗っかってしまえば良いだけのこと。何を変えれば良いか未だいまいち分かってないけど感覚を研ぎ澄ませて流れを掴んで乗る瞬間を待ち構えるのはもうお手の物。ーーー振り返れば色々不安定だった3月。職場の人間関係に振り回されてる。それだけでは無いけれどストレスのせいで月の後半は食事...

Read More

selfie。

相変わらず嬉しくなさそうな顔で写ってくれる。...

Read More