撮らずには。

安物スマホのカメラの画質が悪くても撮らずにはいられない空だった。ちょっとinstagramで加工したけど。...

Read More

浸るために。

物は時間にはならない。でも、思い出と結びついている物は五感を刺激して記憶を呼び起こす。里帰りで残した数少ない物。久しぶりに全員揃った家族写真。見当たらない三脚の代わりに自撮り棒を構えて家族を待つ父の姿がとても可笑しかったのもあって写真の中の私たちの笑顔はいつも以上に輝いている。この写真を見るたびにあの時の楽しさを思い出すのだろう。皆んな年を取っていくけれど写真の中の笑顔は変わらないのだろう。求めた...

Read More

怒涛の。

短く濃い一時帰国を終えて戻ってから数日で引越し。時差ぼけで日中寝る暇がないほどなんだか忙しい1週間だった。ここ5年で何度引越したんだ・・・。今回はルームシェアで住居費節約。相手は大型犬2匹飼っていてMisoは色々混乱してたっぽいけど2日目にはなんだかんだ寛いでる。心配だったけど一安心。...

Read More

解毒。

誰かの隣で空っぽになる。そんな機会に恵まれた休暇。南禅寺三門に腰掛け軽やかな風を楽しみながら京都迎賓館の庭園にいた鯉を飽きることなく眺めながら吉祥寺のライブハウスでジャズ生演奏のリズムを刻みながら思った以上に充実していたお台場の大江戸温泉に浸かりながら飾らない、シンプルな自分に戻る。会話の合間にある沈黙はなんだか心地よくて安心できて、同じ空間にいるだけで甘えている気分になる。駅での別れはいつも涙が...

Read More

不器用。

細かい予定を立てないで旅行ができるタイプだけれど目的があったのにそれが直前で頓挫すると切り替えが上手くいかないタイプ。お墓参りのために関西に来たのに直前で祖母にNGを出されてしまった。お墓の正確な場所を教えられないのと(本人が行けばわかるらしいけど)墓地の位置がちょっと遠くて人気の無い所にあるらしく女の子(という年でも無い)が1人で行くのは心配だと・・・。母も祖母には逆らえず、場所をきちんと教えて貰えず...

Read More